簡単に出来ておしゃれな3分料理

圧倒的スカトロジー Twitter:@nekosamoon

俺が料理を作る話


f:id:nekosamoon:20160224130511j:plain


千早「お腹が空きました…。」

俺「俺が料理を作ってあげよう。」

千早「本当ですか?」

俺「本当だとも。うんこ味のカレーとカレー味のうんこどっちがいい?」

千早「くっ…、そのどちらかからしか選べないのですか…?」

俺「ああ、残念だが選んでもらうしかない。」

千早(どちらを選んでもうんこを食べたという事実は変わらないわ…。なら、やはりここは食べ慣れた味を選ぶべきかしら…?)

千早「カレー味のうんこをお願いします。」

俺「そうか。待ってろ、すぐに用意してやるからな。」

――――――――――――――――――――――

俺&千早「いただきます。」

千早(美味しい…。うんこだけど味は格別ね…、これまで食べたどんなカレーよりも美味しいうんこだわ…。)

俺「やっぱりこの独特の味が堪らんな。」

千早(独特の味…?まさか…。)

千早「俺さんは何を食べているのですか?」

俺「うんこ味のカレーだが?」

千早「えっ」

俺「おいおい千早、何か勘違いしてないか?」

千早「?」

俺「千早はうんこを食ったことがあるのか?うんこが不味いと誰が決めた?」

千早(…!、確かに…。私は心のどこかでうんこは不味いものだと決めつけていた…、でもそれは本当かしら?現に俺さんはうんこ味のカレーを美味しそうに食べているじゃない。)

千早「うんこ味のカレーを下さい…。」

俺「え?」

千早「私にもうんこ味のカレーを下さい!」

俺「仕方ない、少し待ってろ。」

――――――――――――――――――――――

俺「ほら。」

千早(これがうんこ味のカレー…。見た目はやっぱり普通のカレーだけど…。)

千早「いただきます…。」


千早(…!、美味しい!この強烈な苦さ…悪くない…むしろこの味が癖になる…!)

――――――――――――――――――――――

俺「あっという間に平らげちまったな。」

千早「素敵なご飯をありがとうございました。」

俺「礼には及ばんさ。」

俺(千早が食ったのはうんこ味のうんこ、そして俺が食ったのはカレー味のカレー。悪いな。)

おわり